死刑執行の停止を求める緊急市民アクション 署名を小川敏夫法務大臣に提出

 
日付:  2012-04-20
 

監獄人権センターでは「死刑執行の停止を求める緊急市民アクション」を展開しています。

多くの死刑廃止団体・個人の方々のご協力を頂き4月17日(火)までに22団体、合計1621筆を集め、参議院議員会館の小川敏夫法務大臣議員事務所にて、小川敏夫法務大臣に提出しました。

提出にあたっては、署名者代表のデイビッド・ジョンソン教授(ハワイ大学マノア校)が同席されました。監獄人権センターからは事務局長の田鎖麻衣子が参加し、法務大臣としての職責を果たすため、死刑の執行を停止したうえで、死刑制度についての冷静な議論を行うことを要請致しました。小川大臣からは、執行の「基準」の問題や、過去の執行例についての調査などについての説明がありました。

なお、当日は資料として、要請書、署名リストのほか、アムネスティ・インターナショナルの2011年の死刑統計などを提出しました。

ページのトップへ