「社会復帰のためのハンドブック」が完成しました

 
日付:  2012-04-18
 

監獄人権センターでは、2011年度パルシステム東京市民活動助成基金のご支援により、受刑者の社会復帰に資する情報をまとめた「社会復帰のためのハンドブック」を作成しました。この冊子の目的は、刑務所から社会に戻った際に、スムーズな社会復帰を少しでも円滑にすすめていけるように支援することです。

出所後に生活を立て直すことができず、困窮してしまうケースが多くあります。社会には誰にでも利用可能な制度やサービスがありますが、刑務所を出所した方々に広く知られているとは言えません。この冊子は出所者の方が利用できる可能性のある更生保護制度や福祉サービスを紹介しています。

ハンドブック作成にあったっては、「連続講座:犯罪をおかした人の更生に弁護士・市民はなにができるか?~受刑者をめぐる現状と課題から探る~」の参加者のみなさまから合計74,422円のご寄付をいただきました。誠にありがとうございました。お陰さまで、当初の予定よりもより多くの情報を掲載することができました。

ハンドブックは以下のページ(ボタンをクリックすると表示されます)より閲覧が可能です。

詳しくはこちら

ページのトップへ