NEWS一覧

オンライントーク 元受刑者の対話-DIALOGUE

 
日付:  2021-06-12
 

監獄法の時代、刑務官の“懲らしめ”で複数の受刑者が死傷した名古屋刑務所事件、受刑者処遇を抜本的に変革する「行刑改革会議」の設置から現在の「刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律」の施行を経て、日本の刑務所は変わったのか。あるいはどのように変わろうとしているのか。
1996年に千葉刑務所を出所した桜井昌司さん、2020年に島根あさひ社会復帰促進センターを出所したSさん、
ふたりの元受刑者の対話を通して、皆さんと考えたいと思います。

詳しくはこちら

徳島刑務所 受刑者が国を提訴した問題で大野事務局長のコメントが掲載されました

 
日付:  2021-05-14
 

2021年5月14日配信「弁護士ドットコムニュース」にて、NPO法人監獄人権センター事務局長の大野鉄平弁護士のコメントが掲載されました。

「24時間監視カメラの独房に約10年、徳島刑務所の受刑者「非人道的だ」と提訴」(弁護士ドットコムニュース)2021年5月14日
https://www.bengo4.com/c_1009/n_13054/

なお、今回の提訴と受刑者本人の主張の詳細については、「毎日新聞」、「東京新聞」ほか 各紙でも報道されました。

「9年間屋外での運動機会なし」 徳島刑務所受刑者が国賠提訴」(毎日新聞)2021年5月14日
https://mainichi.jp/articles/20210514/k00/00m/040/209000c

「徳島刑務所の受刑者が提訴 9年間運動できず、持病悪化」(東京新聞)2021年5月14日
https://www.tokyo-np.co.jp/article/104221

HEALTHCARE GUIDE~被収容者のための心と身体のヘルスケアガイド 英語版ができました

 
日付:  2021-05-07
 
HEALTHCARE GUIDE~For Detainees & Prisoners in Japan's Penal Institutions
「被収容者のための心と身体のヘルスケアガイド 英語版」ができました。
外国人受刑者が直面する様々な健康問題について、法律的な位置づけ、適切な医療の提供を求めるための方法について解説しています。
この英語版は、駐日英国大使館のご支援により、制作されました。
HEALTHCARE GUIDE~For Detainees & Prisoners in Japan's Penal Institutions

The Centre for Prisoners' Rights (CPR) receives many queries from the inmates of detention centres, prisons and other penal institutions, as well as from their families and friends. A large number of these queries involve serious issues regarding the medical care received by the people detained. This booklet was therefore created to address these issues, and we hope that it provides a certain amount of help in ensuring the physical and mental health of inmates as they prepare for their return to society.
Disclaimer: This English-language version is produced by the Center for Prisoner Rights in collaboration with the British Embassy Tokyo.

オンライントーク&ティーチイン NHKドキュメンタリー「日本一長く服役した男」をめぐって

 
日付:  2021-03-28
 

監獄人権センターでは、NHKドキュメンタリー「日本一長く服役した男」取材班の皆様を講師にお迎えし、番組制作にまつわるお話をお聞きします。刑務所で暮らすとは、また刑務所を出て社会で暮らすとはどういうことか、思い罪を犯した人の償いとはどのようなものであるべきか、皆さんと考えたいと思います。 たくさんの方のご参加をお待ちしています。

詳しくはこちら

刑事施設等における新型コロナウイルス 声明発表が報道されました

 
日付:  2021-02-09
 

2021年2月8日にNPO法人監獄人権センターが発表した「刑事施設等における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のさらなる感染拡大防止を求める声明」に関する報道

「受刑者に検査を 感染拡大で声明 監獄人権センター」(千葉日報オンライン)2021年2月9日
https://www.chibanippo.co.jp/news/national/763168

「千葉刑務所で93人クラスター 函館、横浜に続き…「共同室」など集団生活原因か」(スポニチアネックス)2021年2月9日
https://www.sponichi.co.jp/society/news/2021/02/09/kiji/20210208s00042000605000c.html

「受刑者からの手紙「最近まで布マスク」 刑務所であいつぐ集団感染、弁護士ら「コロナ拡大防止を」」(弁護士ドットコムニュース)2021年2月8日
https://www.bengo4.com/c_1009/n_12482/

「刑務所での集団感染防止へ収容者全員にPCR検査を NPO法人要望」(NHK)2021年2月8日
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210208/k10012855371000.html

刑事施設等における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のさらなる感染拡大防止を求める声明

 
日付:  2021-02-08
 

2021年2月8日、NPO法人監獄人権センターは「刑事施設等における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のさらなる感染拡大防止を求める声明」を発表いたしました。

詳しくはこちら

人権セミナー「国際人権基準から見た終身刑の課題:死刑の代替刑となり得るか?」

 
日付:  2020-12-12
 

監獄人権センターでは、世界の終身刑についての研究を続けている、Penal Reform International代表でノッティンガム大学名誉教授のダーク・シュミット氏とキャサリン・アップルトン氏をお招きし、世界的潮流となっている終身刑受刑者の増加について、また、世界各国で異なる終身刑の運用方法などについて、お話いただきます。YouTube LIVEより、オンラインでどなたでもご参加いただけます。

詳しくはこちら

「西日本新聞」に海渡雄一代表のコメントが掲載されました

 
日付:  2020-12-06
 

死刑台から生還した“冤罪死刑囚”として、死刑廃止を訴え続けた免田栄さんが12月5日に亡くなりました。
「西日本新聞」(12月6日)に、死刑廃止活動を通じて親交があった、NPO法人監獄人権センター代表の海渡雄一弁護士のコメントが掲載されました。

「最期まで冤罪と闘い続けた免田栄さん 獄中34年、釈放後も苦悩」(西日本新聞)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/670859/

無期刑受刑者仮釈放率0.6%の衝撃─国連・自由権規約NGOレポート発表会見

 
日付:  2020-11-11
 

監獄人権センターでは、国連・自由権規約委員会による第7回日本政府報告書審査に向けたNGOレポート日本語版の発行にあたり、発表会見と、国会・メディア関係者とのディスカッションを開催します。YouTube LIVEより、オンラインでどなたでもご参加いただけます。

詳しくはこちら

自由権規約委員会第7回日本政府報告書審査のためのNGOレポートを提出

 
日付:  2020-11-10
 

監獄人権センターは、市民的および政治的権利に関する国際規約に基づく国際人権(自由権)規約委員会による第7回日本政府報告書審査に向けて、国際人権連盟(FIDH)と共同で、審査のためのNGOレポートを提出しました。

詳しくはこちら

ページのトップへ