NEWS一覧

「望むのは死刑ですか?」教材おためしワークショップ

 
日付:  2018-04-19
 

裁判員裁判で、一般市民が裁判員として「死刑判決」に関わる様子がたびたび報道されています。「死刑」について、皆さんはどう思いますか?

監獄人権センターでは、みなさんに死刑制度やその実態について知ってもらい、一緒に考えてもらう教材体験していただき、参加者の皆様からご意見をいただくワークショップを開催します。

詳しくはこちら

死刑制度が人権問題であることを否定し国際社会との対話を拒む日本政府に対して誠実に対話に応ずるよう求める声明

 
日付:  2018-03-22
 

2018年3月22日、NPO法人監獄人権センターは、「死刑制度が人権問題であることを否定し国際社会との対話を拒む日本政府に対して誠実に対話に応ずるよう求める声明」を発表いたしました。

詳しくはこちら

シンポジウム開催「受刑者の健康と再犯防止~刑事施設医療の改革を求めて」

 
日付:  2018-01-18
 
受刑者の健康と再犯防止~刑事施設医療の改革を求めて

昨年末に閣議決定された「再犯防止推進計画」では、円滑な社会復帰への支援が再犯の防止に繋がることが明記されています。受刑者が社会の一員として働き、自活できる環境を整えるためには、心身ともに健康な状態で出所することが重要ですが、刑務所内では慢性的な医師不足が続き、充実した医療サービスを提供することが難しいという現状もあります。

今回のシンポジウムでは、法務省矯正局より医療担当者の方々にもご参加いただき、刑事施設医療の現状と、NPOや市民社会も参加できる形での問題解決に向けた施策について、考えてみたいと思います。

皆さまのご参加をお待ちしております。


★日時★2018年1月24日(水)12時開始(13時30分終了予定)
★会場★衆議院第2議員会館 第1会議室
★入場無料・予約不要★(議員会館の1階入り口にて入館証を配布します)
★シンポジウム内容★
矯正医療への提言 田鎖麻衣子(監獄人権センター事務局長)
法務省矯正局からの発言
パネルディスカッション 司会:海渡雄一(監獄人権センター代表)

お問合せ:NPO法人監獄人権センター
電話/ファックス 03-5379-5055
メール:cpr@cpr.jca.apc.org

チラシのダウンロードはこちらから

※チラシで使用したイラストについて
美祢社会復帰促進センター(山口県)では、刑務作業の一環として線画(漫画の背景)の描画を行っています。イラストは「漫画屋本舗」のホームページで購入することができます。



12月19日付死刑執行抗議声明「上川法務大臣による死刑執行に抗議する」

 
日付:  2017-12-19
 

2017年12月19日、NPO法人監獄人権センターは上川陽子法務大臣による死刑執行を受け、抗議声明「上川法務大臣による死刑執行に抗議する」を発表いたしました。

詳しくはこちら

7月13日付死刑執行抗議声明「金田法務大臣による死刑執行に抗議する」

 
日付:  2017-07-13
 

2017年7月13日、NPO法人監獄人権センターは金田勝年法務大臣による死刑執行を受け、抗議声明「金田法務大臣による死刑執行に抗議する」を発表いたしました。

詳しくはこちら

日本ソーシャル・ジャスティス・プロジェクト 開始しました

 
日付:  2017-06-30
 

NPO法人監獄人権センター(Center for Prisoners’ Rights Japan)は、英国・レディング大学(University of Reading)と共同で、「日本ソーシャル・ジャスティス・プロジェクト 」を開始しました。

日本の死刑制度に関する情報を網羅したウェブサイト、審議型意識調査に関する映像ドキュメンタリー、死刑をめぐる諸問題についてのブックレットシリーズの作成を通じ、死刑制度を含む日本の刑事司法制度に対する理解を高め、市民社会が諸課題への取り組みを促進する活動を行うことを目的として、欧州委員会(EuropeAid/151285/DD/ACT/JP)の助成により実施しています。

このプロジェクトのウェブサイト http://crimeinfo.jp/ を、2018年の公開に向けて現在制作中です。

詳しくはこちら

プリズンライフアドバイザー入門セミナー「被収容者の心と体のヘルスケア―社会に戻る彼らのために」

 
日付:  2017-04-30
 

2017年6月17日(土)、プリズンライフアドバイザー入門セミナー「被収容者の心と体のヘルスケア―社会に戻る彼らのために」を開催いたします。

詳しくはこちら

国連被拘禁者処遇最低基準規則「ネルソン・マンデラ・ルールズ」日本語版を公開しました

 
日付:  2016-12-22
 

国連被拘禁者処遇最低基準規則は、2015年5月22日、国連犯罪防止及び刑事司法委員会により採択、国連経済社会理事会を経て、同年12月に国連総会において満場一致で採択改訂され、‘ネルソン・マンデラ・ルールズ’と呼ばれることが決まりました。同規則の改訂部分について、ピナル・リフォーム・インターナショナル(Penal Reform International) が編集し、監獄人権センター(Center for Prisoners’ Rights)が日本で初めて全文を翻訳し、公開しました。

詳しくはこちら

再犯の防止等の推進に関する法律案の一部修正を求める声明

 
日付:  2016-11-24
 

「再犯の防止等の推進に関する法律案」が衆議院法務委員会で委員長提案され、衆議院本会議で全会一致にて可決されたことに対し、2016年11月24日、NPO法人監獄人権センターは「再犯の防止等の推進に関する法律案の一部修正を求める声明」を発表いたしました。

詳しくはこちら

11月11日付死刑執行抗議声明「金田法務大臣による死刑執行に抗議する」

 
日付:  2016-11-11
 

2016年11月11日、NPO法人監獄人権センターは金田勝年法務大臣による死刑執行を受け、抗議声明「金田法務大臣による死刑執行に抗議する」を発表いたしました。

詳しくはこちら

ページのトップへ