NEWS一覧

設立20周年記念行事を開催しました

 
日付:  2016-01-27
 

皆さまのご支援により、監獄人権センターは昨年、設立20周年を迎えました。
これを記念して、昨年11月、英国外務省およびスイス外務省の助成により、20周年記念行事を開催いたしました。

*2015年11月28日(土)監獄人権センター設立20周年記念セミナー
「マンデラ・ルールで日本と世界の刑務所を変えよう!」

会場:伊藤塾法学館

国連の被収容者最低基準規則(SMR)が、実に60年ぶりに大幅改訂されました。
この改訂版は、不条理で苛酷な長期投獄に屈することなく、南アフリカの大統領となったネルソン・マンデラ氏に敬意を表して「マンデラ・ルール」と名付けられました。5年に一度開かれている国連犯罪防止会議は、次回は2020年に日本での開催が決定しました。
マンデラ・ルールの国内実施と共に、日本と世界の刑務所の実態が改めて問われます。

監獄人権センターでは、設立20周年を記念して、この改訂作業をNGOの立場から積極的に押し進めてきたピナル・リフォーム・インターナショナルのアンドレア・ヒューバーさんをお招きし、セミナーを開催しました。

当日はたくさんの方々にご参加いただき、満席となりました。

アンドレアさんのプレゼンテーションでは、見直しがなされた分野の改訂された基準の中身に焦点をあて、改訂のプロセスについて解説していただきました。後半の質疑応答では参加者から活発な質問も出ました。


*2015年11月30日(月)監獄人権センター設立20周年記念パーティー
会場:法曹会館

国会議員、弁護士、研究者の方々をはじめ、監獄人権センターの活動を支えて下さる皆様をお招きし、20周年記念パーティーを開催しました。事務局長の挨拶において、2020年・日本でのコングレス開催という機会を活かし、刑務所改革に取り組むという具体的な目標を発表させていただきました。

第3回 守屋賞 を受賞しました

 
日付:  2016-01-27
 

監獄人権センターは、2015年12月、「刑事司法及び少年司法に関する教育・学術研究推進センター」が主宰する、第3回「守屋賞」を受賞しました。

守屋賞は、長年刑事裁判や少年審判に携わってきた元裁判官の守屋克彦氏が資金を提供して創設したNPO法人「刑事司法及び少年司法に関する教育・学術研究推進センター」(略称「刑事・少年司法研究センター」〈ERCJ〉)が、刑事司法、少年司法の実務と理論の発展のために設けた賞です。賞は大きく「守屋研究奨励賞」と「守屋賞」の二つの領域にわかれ、「守屋賞」は、 刑事司法と少年司法の理論活動、実践活動等(教育活動、市民活動を含む)の領域における貢献が顕著であると判断される業績を顕彰します。主として、その年に特に注目される業績が対象となりますが、これまでに積み重ねられた業績が対象になることもあります。

栄誉ある賞を頂くことができ、スタッフ一同気持ちを引き締めて、今後の活動に向けて今年も歩んでまいります。私たちの活動は、人目につかない地味なものですが、地道な取り組みをきちんとみて下さる方が世の中におられるというのは、本当に有難く、また、明日からの活動に向けて励みになります。むろん、そんな私たちの活動を最もよく理解し、支えて下さっているのは、会員の皆さまです。2016 年も、ご支援、ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

12月18日付死刑執行抗議声明「岩城法務大臣による死刑執行に抗議する」

 
日付:  2015-12-18
 

2015年12月18日、NPO法人監獄人権センターは岩城光英法務大臣による死刑執行を受け、抗議声明「岩城法務大臣による死刑執行に抗議する」を発表いたしました。

詳しくはこちら

設立20周年【無料セミナー】「マンデラ・ルールで日本と世界の刑務所を変えよう!」

 
日付:  2015-11-28
 

国連の被収容者最低基準規則(SMR)が大幅改訂されます。
この改訂版は、不条理で苛酷な長期投獄に屈することなく、南アフリカの大統領となったネルソン・マンデラ氏に敬意を表して「マンデラ・ルール」と名付けられました。

5年に1 度開かれている国連犯罪防止会議は、次回は2020 年に日本での開催が決定しました。
マンデラ・ルールの国内実施と共に、日本と世界の刑務所の実態が改めて問われます。

監獄人権センターは設立20 周年のセミナーとして、この改訂作業を、NGO の立場から積極的に押し進めてきたピナル・リフォーム・インターナショナルのアンドレア・ヒューバーさんをお招きしました。
どなたでも参加できます。

日時:2015年11月28日(土)14:00~16:30(開場13:30)

場所:伊藤塾法学館(東京都渋谷区桜丘町17-5)
   渋谷駅(JR・東京メトロ・東急線・京王井の頭線)から徒歩4分

内容:アンドレア・ヒューバー氏(ピナル・リフォーム・インターナショナル政策ディレクター)による講演・ディスカッション
   通訳(逐次)あり

参加費:無料

申し込み:事前申込歓迎(メールかFAX)・当日会場受付でも申込可
メール:cpr@cpr.jca.apc.org
FAX:03-5379-5055

PDFチラシダウンロード

【募集】ボランティア希望の方向けオリエンテーション開催のお知らせ

 
日付:  2015-10-01
 

刑事被拘禁者の方々から届く手紙の開封・整理作業が大量に発生しています。監獄人権センターの事務所にてお手伝いいただける事務作業ボランティアを随時募集しています。

下記の日程で、オリエンテーション(説明会)を実施いたします。事務作業ボランティアに興味のある方は、どうぞご参加ください。参加の際は事前に監獄人権センター事務局までメールでお申込みください。

日時:2015年10月1日(木)17:30~
場所:監獄人権センター事務局


詳細はお申込み受付後に事務局から送付するメールに記載いたします。
※メール送信の際、cpr@cpr.jca.apc.orgからのメールを受信できるよう、迷惑メール設定等ご確認ください

お申し込みはこちらから

緊急◆死刑執行抗議集会

 
日付:  2015-07-05
 

2015年6月25日の上川陽子法務大臣による神田司さん(名古屋拘置所)に対する死刑執行に抗議し、「死刑執行抗議集会」を緊急開催いたします。

詳しくはこちら

 
 

上川法務大臣による死刑執行に抗議する

 
日付:  2015-06-25
 

2015年6月25日、NPO法人監獄人権センターは上川陽子法務大臣による死刑執行を受け、抗議声明「上川法務大臣による死刑執行に抗議する」を発表いたしました。

詳しくはこちら

 
 

ボランティアさんの募集を再開しました

 
日付:  2015-04-01
 

一時停止しておりました、事務作業ボランティアの募集を再開いたしました。
ボランティアの参加方法については、下記のリンクをご覧ください。

http://www.cpr.jca.apc.org/donation/volunteer

セミナー開催「受刑者の年金問題……よりよい社会復帰に向けて」

 
日付:  2014-10-06
 

秋のCPRセミナー 新冊子「受刑者のための年金ガイド」発刊記念
「受刑者の年金問題……よりよい社会復帰に向けて」


刑務所出所者は、所持金が少なく、出所後すぐに生活に困って再び罪を犯してしまう人も少なくありません。
また、高齢の出所者にとって、年金は生活を支えるうえで、とても大切なお金です。
しかし、受刑者は受刑中に年金についての十分な知識や情報を得る機会が少ないため、必要な手続きをすることができず、将来的に年金が受給できなくなる事態が起きています。
これは、出所者本人だけでなく、家族、社会福祉・生活困窮者支援・司法に携わる方々にとっても重要な問題であると言えます。
今回のセミナーでは、社会保険労務士、弁護士、元受刑者の方々をお迎えし、10月1日に刊行した「受刑者のための年金ガイド」を使いながら、受刑者が出所後、適正に年金を受け取り、より良い社会復帰を目指すための方法について、解説します。

詳しくはこちら

 
 

新冊子「受刑者のための年金ガイド」を発刊しました

 
日付:  2014-10-01
 

監獄人権センターでは、新冊子「受刑者のための年金ガイド」を、2014年10月1日に発刊いたしました。

刑務所出所者は、所持金が少なく、出所後すぐに生活に困って再び罪を犯してしまう人も少なくありません。
また、高齢の出所者にとって、年金は生活を支えるうえで、とても大切なお金です。
しかし、受刑者は受刑中に年金についての十分な知識や情報を得る機会が少ないため、必要な手続きをすることができず、将来的に年金が受給できなくなる事態が起きています。
これは、出所者本人だけでなく、家族、社会福祉・生活困窮者支援・司法に携わる方々にとっても重要な問題であると言えます。

「受刑者のための年金ガイド」では、刑務所の受刑者が、出所後適正に年金を受け取ることができるよう、年金の基礎知識と受け取り方、障害年金、遺族年金、受刑中でも本人が行うことができる保険料免除申請の手続き等に関する情報を掲載しています。

A4版/20ページ/定価:500円(税込・送料別)/発行:NPO法人監獄人権センター

※2014年10月1日より、収入がない方の保険料免除申請は、住民税等の申告がなくても良いことになりました。
その点についても情報を掲載しています。

※パンフレット入手方法
監獄人権センターまで、メールかFAXでお申し込みください。
E-mail: cpr@cpr.jca.apc.org
FAX: 03-5379-5055

ページのトップへ