NEWS一覧

シェイク・ハンズ・プロジェクト休止のお知らせ

 
日付:  2013-07-17
 

「シェイク・ハンズ・プロジェクト(SHP)」は、監獄人権センター(CPR)の草創期であった1990年代後半、アメリカにおける受刑者と一般市民との文通プログラムを参考に始められました。当時は監獄法下で受刑者が親族以外と外部交通をすることが認められていなかったため、未決被収容者の方々のみを対象として、試験的に開始されました。

 SHP発案者でもあった初代の文通コーディネーター(ボランティア)に代わって、二代目コーディネーターのボランティアを小杉あやさんが引き継いだ頃から、名古屋刑務所事件を契機とした法改正の動きが始まり、受刑者と親族以外との文通も可能となりました。SHPは依然として「試験的」なプロジェクトという位置づけを保ちつつ、その規模を拡大し、たくさんの被収容者・文通ボランティアの皆さんにご参加いただけるようになりました。

 取り次ぎを行う手紙の数が膨大に増えたことで事務作業も複雑化し、度重なる見直しを余儀なくされました。その結果、作業のミス、混乱などが発生し、参加者の皆様にご迷惑をおかけすることもございましたこと、たいへん申し訳なく思っております。

 そしてこの度、小杉あやさんが、諸般の事情により、コーディネーターのボランティア業務を継続することができなくなりました。この半年あまりの間、CPR事務局は、小杉さんの後任としてコーディネーターを引き受けて頂ける方を探すべく、鋭意努力してきましたが、コーディネーターの仕事は、手紙の転送作業だけでなく、獄中・獄外からの様々な要望、相談に臨機応変に対応する必要があり、法律的知識や専門的知識が必要とされる場面も多数あるほか、5年、10年という年数を見越してお任せできるということが条件となりますため、残念ながら、探すことができませんでした。

 私たちにとっても苦渋の決断ではありますが、SHPの「試験的な取組み」という性格を踏まえ、今般、やむを得ず、休止を決断しました。

 すでに新規のSHP参加者は受け付けておりませんが、現在継続中の文通については、2013年12月末までにCPRに届いた手紙をもって、コーディネートを終了させて頂きます。

 何卒ご理解のほど、よろしくお願い致します。

 最後に、10年以上の長きにわたり、文通にご参加下さった被収容者の皆様、文通ボランティアの皆様に、心からの感謝を申し上げます。

2013年6月27日
NPO法人監獄人権センター
代表 海渡 雄一
事務局長 田鎖麻衣子
 

国連拷問禁止委員会による日本政府報告書審査・総括所見を受けての声明(6/3付)を発表しました

 
日付:  2013-06-04
 

拷問禁止委員会が、拷問等禁止条約の実施状況に関する第2回日本政府報告について、2013年5月21日、22日に審査を実施し、2013年5月31日に最終見解を公表しました。監獄人権センターは、2013年6月3日付で「被拘禁者の人権状況の改善と死刑制度・死刑確定者処遇の見直しを求める声明」を発表致しました。

詳しくはこちら

電話相談受付日の変更について(2013年5月~6月)

 
日付:  2013-05-18
 

通常、月、木、金曜日午後1時より5時までの時間帯で電話相談を受け付けておりますが、以下の通り、電話相談受付をお休みいたしますので、ご了承ください。

●5月20日(月)~27日(月)
●6月3日(月)

ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

4月26日付死刑執行抗議声明「谷垣法務大臣による死刑執行に抗議する」

 
日付:  2013-04-26
 

2013年4月26日、NPO法人監獄人権センターは谷垣法務大臣による2名に対する死刑執行を受け、抗議声明「谷垣法務大臣による死刑執行に抗議する」を発表いたしました。

詳しくはこちら

ニュースレター新シリーズ「私と監獄/田鎖麻衣子事務局長と語る」をアップしました

 
日付:  2013-04-16
 

2013年1月1日発行のニュースレター73号よりスタートした新シリーズ「私と監獄/田鎖麻衣子事務局長と語る」が閲覧できるようになりました。

第1回:寮美千子さん
第1回のゲストは、奈良少年刑務所で詩作による社会性涵養プログラムの講師をされているほか、死刑制度をはじめ様々な社会問題にも果敢に発言されている作家の寮美千子さん。お仕事でも人生においてもパートナーである松永洋介さんも交えて3人で3時間にわたって熱く楽しく語り合いました。罪をおかした人たちの立ち直りのために必要なこと、大切なことは、実は、私たちの日常生活においても必要で大切なことだと気づかせて頂きました。

詳しくはこちら


 

第2回:平岡秀夫さん(弁護士、元法務大臣)
2011年9月から2012年1月まで、野田内閣のもとで法務大臣を務められた平岡秀夫前衆議院議員(民主党)に、法務大臣の仕事を振り返っていただきました。平岡さんは法務大臣として死刑制度の存廃について国民的な議論を展開するため、制度の賛否を含め様々な立場の有識者による有識者会議を立ち上げようとされました。今回は、海渡雄一副代表も加わってのインタビューです。

詳しくはこちら

シンポジウム開催!「受刑者の社会復帰を阻む高い壁 Part2 ~仕事、住まい、そして……~」

 
日付:  2013-04-15
 

拘置所や刑務所に収容され、釈放された人びとには、社会復帰を阻む目に見えない高い壁があります。そもそも、犯罪が起こる背景には、生活困窮、差別に苦しんだ、教育を満足に受けられなかった、大人からの虐待を受けた経験など、一見犯罪とは直接関係の無さそうな様々な問題が多くあります。受刑者が社会復帰をするためには、まず仕事や住まいが必要となることは言うまでもありません。しかし、それだけで十分でしょうか。

本企画では、司法と福祉を繋ぐ領域で奮闘されている社会福祉士、女性のための更生保護施設、裁判員経験後に犯罪の本質に気付き、犯罪者を排斥することではなく地域社会として受け入れる活動にも取り組む市民の方との議論を通して、受刑者の社会復帰を阻む高い壁を突き崩すヒントを探ります。
みなさまふるってご参加ください。

詳しくはこちら

2013年4月12日(金)は電話相談受付時間を短縮致します

 
日付:  2013-04-10
 

通常、月、木、金曜日午後1時より5時までの時間帯で電話相談を受け付けておりますが、以下の通り、電話相談受付を変更いたしますので、ご了承ください。

●2013年4月12日(金):13:00~14:00

ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

外部交通(面会・文通)問題の手引きを掲載しました

 
日付:  2013-04-03
 

「外部交通(面会・文通)問題の手引きを」を新たに掲載しました。
この冊子には、刑事施設内での面会・文通等の外部交通について問題類型と対応等について解説しています。
草の根市民基金・ぐらんの助成を受けて作成しました。

手引きは以下のページ(ボタンをクリックすると表示されます)より閲覧が可能です。

詳しくはこちら

2月21日付死刑執行抗議声明「谷垣法務大臣による死刑執行に抗議する」

 
日付:  2013-02-21
 

2013年2月21日、NPO法人監獄人権センターは谷垣法務大臣による3名に対する死刑執行を受け、抗議声明「谷垣法務大臣による死刑執行に抗議する」を発表いたしました。

詳しくはこちら

1月24日(木)、25日(金)は電話相談をお休み致します

 
日付:  2013-01-23
 

通常、月、木、金曜日午後1時より5時までの時間帯で電話相談を受け付けておりますが、以下の通り、電話相談受付をお休みいたしますので、ご了承ください。

●2013年1月24日(木)~1月25日(金)

ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

ページのトップへ