NEWS一覧

【イベント開催】厳罰化社会からの転換~誰もが生きやすい、「寛容」な社会を目指して~

 
日付:  2011-02-11
 

監獄人権センターとアムネスティ・インターナショナル日本で共同事務局を担う、「死刑に異議あり!」キャンペーンの一環として「厳罰化社会からの転換~誰もが生きやすい、「寛容」な社会を目指して~」を開催します。この企画は「市民社会をつくるボランタリー・フォーラムTOKYO 2011」の分科会として行います。

詳しくはこちら

監獄人権センターボランティア活動オリエンテーションを行います

 
日付:  2011-02-02
 

監獄人権センターボランティア活動オリエンテーションを行います。監獄人権センターでのボランティア活動にご興味がある方を対象に、監獄人権センターの活動内容やボランティア作業内容についてご説明させていただきます(要予約)

詳しくはこちら

NGO共同声明「市民が死刑判決に参加する社会に反対し、死刑廃止に向けた議論を求める」

 
日付:  2010-11-16
 

NPO法人監獄人権センターは他団体とともに、NGO共同声明「市民が死刑判決に参加する社会に反対し、死刑廃止に向けた議論を求める」を発表いたしました。

詳しくはこちら

大阪刑務所熱中症死亡事件に関する声明を発表しました

 
日付:  2010-08-25
 

NPO法人監獄人権センターは大阪刑務所の保護房内で熱中症により受刑者が死亡したとされる事件について声明を発表いたしました。

詳しくはこちら

千葉景子法務大臣による死刑執行関する声明を発表しました

 
日付:  2010-07-28
 

NPO法人監獄人権センターは千葉景子法務大臣による死刑執行関する声明を発表いたしました。

詳しくはこちら

NGO共同声明 : 取調べの全面可視化を求める共同声明

 
日付:  2010-07-01
 

NPO法人監獄人権センターはアムネスティ・インターナショナル日本と共同で、取調べの全面可視化を求める共同声明を発表しました。

詳しくはこちら

台湾:4月30日午後7時前後に4名の死刑確定者に対して死刑が執行

 
日付:  2010-06-10
 

 2010年4月30日午後7時前後に4名の死刑確定者に対して死刑が執行されました。2005年12月以来約4年半の死刑執行停止状態が終わりました。

 この執行が行われる前に、台湾死刑廃止推進連盟(TAEDP)は声明を発表し、「今年の後半に予定される総選挙を控えて、私たちは総督府と行政院、立法院、与党、野党に対して、死刑という生と死に関する問題よりも、自分たちの利害を優先することのないよう強く要請する。私たちは、行政府と立法府が台湾のとるべき進路を考慮するにあたって、普遍的な人権の諸価値を支持するよう求める。」と述べていました。しかし、執行は事前に死刑囚の家族にも知らされず、家族は最後の別れを告げる事さえも許されなかったそうです。今回の死刑執行について、政府は「法律に基づく死刑執行」だと主張していますが、TAEDPは違法な手続きによる死刑執行であると批判しています。

関連資料
・台湾死刑廃止連盟2010年3月10日付プレス・リリース(日本語訳)
http://www.abolish-dp.jca.apc.org/content/news2010-03-10t000000159
・台湾死刑廃止連盟2010年3月12日付プレス・リリース(日本語訳)
http://www.abolish-dp.jca.apc.org/content/news2010-03-12t000000160
・TAEDPの死刑執行抗議声明(日本語訳)
http://www.abolish-dp.jca.apc.org/content/news2010-05-01t000000165
 

中国政府による再度の日本人死刑執行に対する抗議声明を発表しました

 
日付:  2010-04-09
 

NPO法人監獄人権センターは中国政府による再度の日本人死刑執行に対する声明を発表いたしました。

詳しくはこちら

中国政府による日本人死刑執行に対する抗議声明を発表しました

 
日付:  2010-04-06
 

NPO法人監獄人権センターは中国政府による日本人死刑執行に対する抗議声明声明を発表いたしました。

詳しくはこちら

中国政府による日本人死刑執行通告に対する抗議声明を発表しました

 
日付:  2010-04-04
 

NPO法人監獄人権センターは中国政府による日本人死刑執行通告に対する抗議声明を発表いたしました。

詳しくはこちら

ページのトップへ